暑さとなぎの強情さに心が折れた日

毎日毎日、暑いですね。
猛暑とか酷暑とかそういう言葉では足りないくらい暑いです。

ニュースでも【危険な暑さ】と取り沙汰されています。

窓を開ける程度で凌げるような暑さじゃない。

このサウナ地獄のような暑さの中、わが家の天使(のような見た目の実態は小悪魔)ことなぎ様の1年後ワクチンに行ってきました。

避妊手術以来の病院です。

敵意むき出しで大激怒のあの日の記憶が蘇り、戦々恐々としながらも洗濯ネットに入れて病院へ向かいます。

結論から言うと、大苦戦しました。

たかがワクチン1本打つのに、15分くらいかかりましてね。手に負えないという状態を文字通り体験してきました。

注射針2本曲げる大暴れっぷりに、わたしは冷や汗が止まりません。

少し待っていれば疲労と諦めで落ち着くかと思いきや、最後までキャリーの中で洗濯ネットにくるまれているにも関わらず激しい抵抗を見せてくれました。(遠い目)

院内に響き渡るおなぎ様の金切り大絶叫をBGMに、注射器片手に悪戦苦闘する先生を見ながら心臓をバクバクさせているわたし。

あまりに怒髪天すぎて血管ブチ切れて死んでしまうんじゃ……とか変な心配したよ!

初めて見る天使の激怒ぶりにショックを隠せないやら、
大騒ぎされて恥ずかしいやら、
待たせまくっている他の患者さま方へ迷惑をかけている申し訳なさやら、

さまざまな感情が渦巻いてもう途方に暮れる気持ちでワクチンを諦めようとしたその時。

「ワクチン入りました!」

先生の声に、思わずキャリー越しになぎを抱きしめる。いや、素手で触ろうとしたら攻撃されて怪我するんで。

よく頑張ったねぇぇぇ
えらいよぉぉぉぉぉ

終わってもなぎはずっとギャンギャンのシャーシャーで怒ってたけど。

この子の病院嫌いは異常だな。

先生も、「野良の子以外でこんなに気性が荒く怒る子は珍しい」と困惑顔だよ。

お会計を待つ間も鳴き叫んでいて、
「早く会計呼んでくれ〜〜〜!」
とそわそわしながら怒りで興奮MAXのなぎ様を宥めすかす。

帰宅後、どっと疲労がきた。

なぎも超がんばったけど、どう考えてもベストオブ頑張ったのは先生です本当にありがとうございました。

注射針は使い捨てとは言え、2本も駄目にしてすみませんでした。

家に着いて、キャリーから出し洗濯ネットから出した途端、なぎ様は怒りをお鎮めになりました。切り替え早すぎて草。

あまりの怒りと暴れっぷりに先生からの勧めもあり、なぎ様のワクチン接種は今後しないことに決めました。

相当なストレスもかかってるだろうし……。

うな、ナツ、ノア、チロをワクチンで強化することにより、なぎを守る作戦でいきます。

先生もそのほうがいいと。

とにかく病院は夏に行くもんじゃない。

来年からの誓い、他の子のワクチンは涼しくなってからですね。