【子なし夫婦+猫5匹】共働き家庭の生活費【2022年12月】

毎月恒例はるうなぎ家の家計簿赤裸々公開。

わたし自身も節約の参考になればと他のブロガーさんの家計簿を読み歩いている日々。

はるうなぎ
はるうなぎ

似たような家族構成の家計簿を見てみたい!

そんな同じ思いをお持ちの方向けに、わが家の毎月の家計簿を公開します!

他の節約系ブロガーさんのような有意義な情報や家計改善に役立てるには物足りないと思いますが、興味のある方はどうぞ。

はるうなぎ家の 基本情報

 家族構成 >> 夫婦2人とお猫様5匹
 年齢   >> 30代後半(結婚9年目)
 住まい  >> 戸建て(築6年目)
 世帯年収 >> 800万円(税込)
 手取月収 >> 45万円(夫+妻)

夫の給料だけで生活できるように、節約&シンプルライフを目指します。

わが家の家計管理方法

わが家では「Zaim」という家計簿アプリを使っています。
家計管理(家計簿記録)はわたし任せ、夫はたまに家計簿アプリを確認する程度です。

夫は節約・倹約にはかなり後ろ向き。

夫

共働きで子どももいないのに、なんのために稼いでいるんだ!
やりたいことも我慢しないといけない生活なんていやだ!

という主張。気持ちはわからないでもないですけどね。

夫の中では、節約=我慢+ストレスの方程式が成り立っているから仕方ありません。

わたしはなるべく無駄の少ない生活が好きで、質素な生活も全然苦にならないタイプ。

だけど夫は「二馬力で経済的余裕があるのに必要最低限で生活する必要ある?意味わかんね」というタイプです。

特に食費や水道光熱費をケチることは言語道断、断固反対。

  • 外食・コンビニ大好きだし、食べたいものを食べたい
  • 歯みがき中もお風呂での洗髪中もお湯を流しっぱなしにしたい
  • 暑いのも寒いのも嫌だ、エアコンも節電とか気にせず使いたい

DINKSであるがゆえの、「少しくらいの贅沢は許されるよね」という浪費思想が板についているので、ガチな節約はおこなっておりません。

節約に消極的な夫の裏側で、ゆる〜く質素倹約に励むわたしの奮闘ぶりを記録に残しておきたかったのもある。

そんなわが家のズボラ家計簿を見て「それわかる!」って共感するもよし、「こんな無駄遣いしないように節約がんばろう」って反面教師にするもよし、活用法はご自由に。

2022年12月の家計簿

※年払費用、水道代や猫関連の数か月に1回支払のものは予算を入れていません。

2022年12月の収支内訳

各収支項目の内訳について説明していきます。

収入:1,515,825円

ひゃ、ひゃくごじゅうまんえん……だと……。

①給与
12月は年末調整の所得税還付があったので、いつもより多めでした。
夫の年末調整は1月の給与なので次月も給与額は多めになる予定。

②賞与
わたしの勤務先会社の業績が良かったため、賞与がたくさん出ました!
毎年業績好調なら賞与も期待できるのですが、こればかりはどうなるか不明なので、業績が不調の期もあることを考慮して、散財しないように注意したいところ。

③太陽光売電
10月19日~11月16日の発電分。
秋は夏より発電量が落ちますが、使う電気も少ないので売電額10,000円は超えたいところ。

支出:320,591円

特に支出が多い、気になる項目のみピックアップします。

ガソリン:15,500円

田舎住まいのため通勤に自家用車必須なので車2台(夫:SUV、妻:軽自動車)所有。
車は保険やガソリンなどで維持費がかかるのですが、必要経費です。
車がなくても生活できる民が羨ましい。

12月は夫2回、わたしは2回給油。
前月は二人とも給油1回ずつでしたが、やはり月2回の給油が通常ですね。

食費:55,077円

予算からは10,077円のオーバー。

12月は外食しすぎた!
おまけに食べ放題とか食べ放題とかお寿司とか金額高めの外食に行き過ぎました。

コストコにも行ってないのにこの金額……。

年の瀬のテンションで奔放に外食するとなぜだか気が大きくなりがち(反省)

日用品:33,616円

Amazon(定期便含):2,281円
ペット費:30,131円
その他:1,204円

ペット費はキャットフード(カナガン)の定期便。チキンがお好みのようです。
お高めのフードですが、うなの膀胱炎(血尿)が再発していないので買っています。

その他

①美容被服費:12,817円
わたしと夫の部屋着(兼パジャマ)と夫の仕事用のインナー類を購入。
もふもふのパジャマって暖かいんだけど、洗濯や収納の時かさばるし畳みにくいしで個人的には好きではない。
でも買ってしまった。そして後悔。(バカ!)

②雑費:734円
主に食べすぎで胃をむかつかせる夫の希望で、市販薬(胃薬)を購入。
食事の仕方をもう少し考えればいいのにと思いながら買いました。

③レジャー費:5,100円
じゃらんで貯まったポイントの有効期限が12月末までということもあって、1月に地元のおしゃれなビジネスホテルに宿泊予約しました。
ポイントのおかげで夫婦で1泊5,100円!
せっかくなので駅周辺のシャレオツなお店で食事しーの、朝はホテルのモーニングビュッフェに舌鼓を打ちーの。
優雅な休日にしようというプチ贅沢計画。

収入-支出:1,195,234円

投資:80,000円

①積立NISA
夫:25,000円+妻:25,000円

②個人型確定拠出年金
夫:18,000円+妻:12,000円

車関係積立:16,000円

①自動車税 4,200円(月換算)
夫:39,500円+妻:10,800円=50,300円(年額)

②自動車保険 3,800円(月換算)
夫:26,000円+妻:20,000円=46,000円(年額)

③車検 8,000円

預金:1,099,234円

予備・臨時出費用として預金口座に置いておくお金です。
1月にこの預金から義妹(夫の妹・再婚)への結婚祝儀を出す予定。

2022年12月の活動報告と所感

12月以降、お猫様たちのためにエアコンの暖房を24時間稼働させているので、電気代が高いのは仕方ないし必要経費と諦めています。

コタツを出せたらもっと電気代の節約になるだろうけど、布食いチロさんのことを考えたら防寒対策はエアコンにするしかない……。

冬は日照時間が短く洗濯物を外に干すと乾きが悪くて、取り入れた洗濯物を触っては夫が「生乾き!!」とブヒブヒ文句を言うので、

浴室乾燥を利用することが多かったのも電気代が高かった要因だと思います。

意外と水道代が安いなー
特に節水した覚えもないのになー

なんて思ったけど、過去の家計簿を遡ってみたら2021年は6,000円台がほとんどだった。

驚くことに5,000円台のときもあった。

ということは2022年はそんなに安上がりでもない。ぬか喜びでした。

食費もいつも通りオーバーです。

外食大好き夫婦なのでもはや予算に収める気ないだろって感じですが、今回はちょっと高価なものをチョイスしすぎた感。

前月みたいに外出自粛すれば予算に近づくんだよなぁ。

……。

誰かわたしの料理嫌いを治してくれください。

そして!

12月はやはり、なんといっても収入面での喜びが大きかったです。

年末調整(住宅ローン控除もあるのでほぼ全額の所得税が還付)もあるし、

賞与も想定より支給されニヤニヤ(・∀・)が止まりません。

12月は収入に対して約8割を貯蓄にまわすことができました!

ボーナスありがとう!(*‘ω‘ *)

使いすぎないように、でもケチケチしないで、必要なときに必要なものが買えるように大切に管理していきたいと思います。

需要があるかどうかわかりませんが、年間の家計簿もできたら記事にしますね。(月ごとの集計に含めていない支出もあるので)

2023年は予算の見直しを検討しないと。

それでは、また1月の家計簿でお会いしましょう。